忍者ブログ

赤い君たちが好きだ。

浦和レッズとアーセナルを中心としたサッカーまみれな日常のことを、思うままにまったりのんびり。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ちょっと愚痴(というかボヤキ)。

いつになったら調子を取り戻してくれるのか。。。

最近は、↑この方、結婚したことで調子を落としていると
男性サポの方にもいわれるようになって来ました。。。

やっぱり、私のやっかみとかではなかったみたいで;;

去年もよくなかったけど、
今年はさらにひどい。


チームの投票でキャプテンになったということだけど、
今まで見てきた啓太さんの中で、最悪ではないかと。

↑の写真を撮ったジェフ戦のときも、
キャプテンにも関わらず途中で変えられるという。
(少し怪我した?感じでしたが)

フィジカルも明らかに弱くなっている気がする。。。

あまりこういう気持ちは書きたくなかったけど、
本当にひどすぎるので、ちょっと愚痴ってしまいます。゚(゚´Д`゚)゚。


初めて啓太さんのプレーに惚れた2002年からずっと、
スタジアムに行くときは13番背負い続けているけど、
全サッカー選手の中で啓太さんが一番好きとず~っと言って来たのに、
今年はそう言ってきた自分の気持ちが揺らいでます。

ずっと応援してきただけに余計見える彼のアラ。

疲れているとか、
怪我がちだとかそういうのじゃなくて、

魂を感じない。


比べるのはどうかと思うけど、
アーセナルのセスクはもっと魂を感じるよ。

セスクのほうが啓太さんよりずっとず~っと若いのに。


本当に今年はどうしたんだろう。。。
このままだとレギュラーも危ない;;


シュートが枠にいかなくてもいいから、
ゴール前で空振りするいつもの啓太さんでいいから、
それでも魂を感じさせて欲しいんだ。
ダメでも最後まであきらめず、みんなを鼓舞していたあのあなたはどこへ行ったの。

チーム状態がどうとか、
チーム内がどうとか、
監督がどうとか、そんなことは関係ないと思う。

実際、チーム事情が変わっても、何があっても、
啓太さんは啓太さんだった。
だからこそ、ずっとずっと彼を応援していたし、
その彼らしさが好きだった。

決して上手くはない。
でも、その気持ちが好きだった。
魂が好きだった。


オシムが日本代表の監督だったとき、
啓太は必須だと言ってもらえて、私はマジ泣きした。・゚・(ノД`)・゚・。

私の終わらなかったアテネオリンピックが、
南アフリカでついに終わるという奇跡を夢見て嬉しかった。

しかし、オシムが倒れ、岡ちゃんになり、啓太さんが代表に呼ばれなくなり、
さらに啓太さんの能力も落ちてきている。
気持ちまでどんどん落ちている。


あの時見た夢をもう一度見ることはほぼ不可能に・・・・。


スタジアムに行くときに背負うナンバーは、
あなたが引退するまでずっとあなたのナンバーを背負っていくつもりだった。


魂をもう一度感じさせて。

こんな笑顔をまた見たい!!

拍手

PR

カウンター

いつもご訪問ありがとうございます♪

Arsenal FC


Urawa Red Diamonds

ブログ内検索

お役立ちリンク

落ち込み禁止!

たとえボロ負けしても。
Copyright ©  -- 赤い君たちが好きだ。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ