忍者ブログ

赤い君たちが好きだ。

浦和レッズとアーセナルを中心としたサッカーまみれな日常のことを、思うままにまったりのんびり。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アルシャビンオフィシャルコメント。



アルシャビンのオフィシャルサイトに、
ドイツ戦を終えてのアルシャビンのコメントが載っていました。
(Google翻訳でロシア語→英語に翻訳)

10.10.2009 -- arshavin.eu

arshavin.eu: Andrew, your short comment to the Matchday.
AA: Now we are very upset. Unpleasant when your opponent is celebrating the success of the motherland. Germany squad now is stronger than us in the game. They had a match tactically. Each of them knew what to do on the field.
It remains only to congratulate them ... And we're going to face the challenge of entering the World Championship in the play-offs.

arshavin.eu: Penalties for you was that so angered Ballack?
AA.:
I was, and Ballack told me not to fall in the penalty area. On the other hand, the time penalty is not appointed, so there is nothing to say.
Again, we lost this match, but we continue to solve the problem - be at the next World Championship

(C)arshavin.eu

アンドリュー、今日の試合について一言。
「ドイツが僕らの目の前で勝利を祝い喜んでいたのは、すごく嫌だったし、気分が悪かった。ドイツのほうが僕らより強かったってことだね。ドイツは戦術的だったよ。両チームともピッチ上で何をやるべきかわかっていたね。
今はただ彼らにおめでとうって言う気持ちだけだよ。・・・そして、僕らはプレイオフに向けてもう動き出しているんだ。」

ペナルティーエリアで倒されたことについてバラックに怒ってたね?
「怒ったね。でも、バラックはペナルティーエリア内で倒したんじゃないって言ってた。結局それはPKにならなかったから、もうそれについて言うことはないよ。
僕らはゲームを落としたけど、問題点を見直し続けていかなければ・・・次のW杯に出るためにはね。」

的な感じでしょうか・・・(;´Д`)

さすがにロシア語は読めないので、
英語に翻訳しての意訳になります;;

意訳の意訳なので、内容に自信がないですが(;´Д`)


(ロシア語からじかに日本語に翻訳すると大変なことになるため、
いつも英語に翻訳して読んでるんです・・・;;)


あれは絶対PKだったのに。゚(゚´Д`゚)゚。
アルシャビンオフィシャルからの↑の写真を見ると、
どう見てもバラックの足がかかってるんですよね~。。。

まぁ、ゲーム終わってからいろいろ言ってもしょうがないんですが、
改めてオフィシャルで話題にされてるのを見たら、
もやもやっとしてきました;;;


ま、試合中にさりげな~く仕返ししてたみたいだから、
よしとしますか(*´∀`)
あからさますぎるw


アルシャビンにはこの悔しさをプレーオフで発散してもらいましょうヽ(*´∀`)ノ

とりあえず、消化試合になってしまった14日の試合で、
怪我を悪化させないでくれることを願います。゚(゚´Д`゚)゚。

拍手

PR

カウンター

いつもご訪問ありがとうございます♪

Arsenal FC


Urawa Red Diamonds

ブログ内検索

お役立ちリンク

落ち込み禁止!

たとえボロ負けしても。
Copyright ©  -- 赤い君たちが好きだ。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ