忍者ブログ

赤い君たちが好きだ。

浦和レッズとアーセナルを中心としたサッカーまみれな日常のことを、思うままにまったりのんびり。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アーセナルの移籍のウワサ他。

右往左往してはいけないと思うけど、
一個一個に反応してしまう移籍のウワサ・・・;;

インターナショナルウィークで本国に帰っているセスクにまた
移籍のウワサが持ち上がってるらしいけど、
前回の帰国のときにもセスク怒ってたのに、
スペインメディアはいつまで繰り返すんだ・・・ヽ(`Д´)ノプンプン

この前もゴール決めた後、エンブレムにキスをして
アーセナルへの忠誠を見せてくれたのに。・゚・(ノД`)・゚・。

助さん、格さん、懲らしめてやりなさい(違。
(最近、父親がはまっている『水戸黄門』をうっかり見てしまったんです;;)


そのセスクの親友ロシツキに関する気になる情報もあるし;;

アーセナルでの将来に不安を覚えるロシツキ
「契約延長の交渉は進んでいない」

長期の負傷から復帰し、徐々に本来のフォームを取り戻しつつあるアーセナルFWトマシュ・ロシツキ。これからようやくチームに貢献することができると意気込んでいる同選手だが、新たな不安があるようという。
今シーズンいっぱいで満了を迎えるクラブとの契約のことだ。『スポーティング・ライフ』の中でロシツキは、契約延長交渉が進んでいないことを明かした。
「この問題については、ヴェンゲル監督と話をしたよ。でも、今は交渉が行われていない」
「もしアーセナルとの契約が合意に達することがなくても、1月に別のクラブを見つけることはできるだろう。ちょっと自信家のように聞こえるかもしれないけど、僕はフィットネスの問題がないんだ。適切な道を来ていると思うよ」
「監督は徐々に僕の負担を軽くするようにしてくれた。徐々に調子が上がっていると感じているよ」
(C)Goal.com


なんでよ~。・゚・(ノД`)・゚・。
うそでしょ~!
帰ってきたばっかりじゃないの~!

私はずっとロシツキを見てなくて、相方さんがオススメしててもずっと見れなくて、
それが今シーズンやっと見れてすごく嬉しいのに・・・・;;

行かないで~!!
そりゃ、今のアーセナルはMF激戦区だって分かってるけど・・・・けど・・・けど・・・・。

あなたのプレーに惚れてるんだよぉおお!!

もっともっと魅せてよ!!!



この前のブラックバーン戦の時誕生日で、
試合終了後セスクのところに行って、

ロシツキ「俺、今日、誕生日なんだよ。」
セスク 「(忘れてた!という感じで)そっか!!おめでとう!」
ロシツキ「だからさ、これから飲みに行こうぜ」

的な会話をしていた二人なのに・・・・;;
(全部私の妄想(;´Д`)でもそんな感じの二人でした;;)

もっと仲良しな二人を見せて(ヽ゚д)クレ

どうかロシツキが残ってくれることを願います(´Д⊂グスン


そして、

バルセロナ、冬季移籍市場でアーセナルのエブエ獲得を検討か
バルセロナが冬の移籍市場で狙っているとされるアーセナルのエブエ【Getty Images】
 英紙『ザ・サン』によると、バルセロナはこの冬の移籍市場でアーセナルのコートジボワール人DFエマニュエル・エブエの獲得を検討しているという。エブエの名は今夏すでにバルセロナの補強候補として浮上していたが、交渉が成立することはなかった。
 同紙によると、エブエの移籍金は700万ユーロ(約9億1000万円)を上回る見込みだという。
(C)MARCA.COM


まじすか(;´Д`)

(ノ`Д´)ノ彡┻━┻

バルサはどれだけアーセナルをいじめれば気が済むんだ~。゚(゚´Д`゚)゚。

せっかくエブエが調子よくて今シーズンいい感じなのに、
連れて行かないでくれ~!!


・・・・アーセナルって毎年こういう主力選手の放出のウワサが絶えなくて、
ファンとしては本当にきついですね(つд⊂)エーン


まぁ、浦和からエメルソンがいなくなったときに受けた衝撃によって、
「サッカーってそういうもの」って学習したんですけどね・・・。

でもまだ慣れない・・・orz


最後に明るいニュース♪

ベンゲル監督「アンリはいつかアーセナルの監督になるだろう」
 アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、かつて同クラブで活躍し、現在はバルセロナでプレーするFWティエリ・アンリについて、「いつかアーセナルの監督になるだろう」と述べ、将来、同選手が“ガナーズ”(アーセナルの愛称)の指揮官となる可能性を示唆した。
 アンリは先日、スカイスポーツ・ニュースとのインタビューで、古巣アーセナルへの復帰願望を表明したが、これを受けたベンゲル監督は、同選手を自身の“後継者”としてみなしていることを明かした。
「アンリはアーセナルの指揮官としての必須条件を備えている。しかし、将来の決断は本人が下すべきものだ。監督となるにはかなりの努力が必要だ。すべての人間にその覚悟ができているとは思えない」
 ベンゲル監督はまた、アンリがバルセロナへ移籍した当時を振り返り、同選手の代役を見つけるのに苦心したことを打ち明けた。
「ティエリのような攻撃の主軸を担うFWを探すのにはかなり苦労したが、(アンドレイ)アルシャービンの加入で問題はようやく解決された」
(C)MARCA.COM


あのアンリがいつかアーセナルの監督にっ!(*´∀`)
っていうことよりも嬉しかったのは、

「ティエリのような攻撃の主軸を担うFWを探すのにはかなり苦労したが、(アンドレイ)アルシャービンの加入で問題はようやく解決された」

アルシャビンがアンリレベル?(*´∀`*)

ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!

最高の誉め言葉です★

アルシャビンはできるだけ長く、ずっとアーセナルで活躍してくれることを、
そしていつかアーセナルの伝説となってくれることを願ってます。。。

拍手

PR

カウンター

いつもご訪問ありがとうございます♪

Arsenal FC


Urawa Red Diamonds

ブログ内検索

お役立ちリンク

落ち込み禁止!

たとえボロ負けしても。
Copyright ©  -- 赤い君たちが好きだ。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ