忍者ブログ

赤い君たちが好きだ。

浦和レッズとアーセナルを中心としたサッカーまみれな日常のことを、思うままにまったりのんびり。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

AZ戦後のアルシャビンオフィシャルインタビュー。


アルシャビン、3アシスト♪

アルシャビン、3アシスト♪


ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!


ゴールは決まらなかったけど、
通算98ゴールになってからちょっと止まってるけど、
それでも1試合3アシストな~んってなかなか出来ないですよぉ(*´∀`)

・・・って相方さんに誉めてもらいました(∀`*ゞ)エヘヘ


試合見れてないので、オフィシャルの訳もいつにもまして
もっさりとした意訳になってしまいましたが、
出来るだけ早くCL観れる環境整えますっ;;

早くしないとノックアウトステージが始まってしまうっΣ


って、時間的に合わなくて見れなそうな予感もしなくはないですが;;;


サマータイムなんてずっと終わらなければいいのに。



今回のアルシャビンのオフィシャルインタビューは、
途中でアルシャビンがインタビュアーの質問に気分を害したらしく、
(特にディアビのくだり)
最後のほうがなんだかなぁな感じになってます(;・∀・)

特に最後の一文は意味がわからないので訳せませんでした。゚(゚´Д`゚)゚。


英語訳アップ待とう・・・。



http://arshavin.eu/news.php?id=472
(Google翻訳にて露→英訳)

arshavin.eu: Andrew, tell us about the game.
AA.: We had a good match to advance their moments and were able to take advantage of the fact that all of justly owned game time. "Arsenal scored four good goals. These actions have allowed us to confidently lead the tournament table in the group. Now we have to win the next match.


アンドリュー、今日のゲームについて一言。
「今日は本当にいいゲームが出来たし、チャンスも生かすことが出来て、終始ゲームを支配できた。アーセナルは4点も入れた。これでグループリーグで余裕を持って首位に立つことが出来た。あとは次の試合に勝つだけだ。」

arshavin.eu: In the League?
AA: We want to have victory in every tournament. If this happens in the next match of our group, I think this will allow us to make some kind of rotation in the composition. Perhaps, then, Arsene will be able to give someone the players rest. Others will be able to prove themselves.


プレミアリーグのほうはどう?
「僕らは全試合に勝ちたいと思っている。そのためには、グループリーグの次の試合では、何人かの選手をローテーションするんじゃないかな。たぶんアーセンは何人かの選手を休ませて、何人かを試すと思うよ。」

arshavin.eu: Today held "debut" Samir Nasri, recently recovered from injury. He scored once, as you figured out in the center and made him a lethal position.
AA: Samir scored a goal and I'm happy for him.

今日は怪我から復帰したサミア・ナスリのいわゆる『デビュー戦』になったわけだけど、君からのセンタリングが彼の素晴らしいゴールを演出したわけだ。
「サミアのゴールが決まったとき、ほんっとうに嬉しかった。」

arshavin.eu: Your voice sounded a note of optimism. Andrei Arshavin and Samir are friends?
AA.: We communicate well.


声が明るくなったね。アンドレイ・アルシャビンとサミアは友達なのかな?
「仲良くしてるよ。」

arshavin.eu: And with Diaby, who is also now with your transfer scored a goal?
AA: Never, and with him not cursing. I think we have a good team in the team.


そしてディアビ。最近はいつも君のお膳立てのおかげでゴールを決めているみたいだね?
(君の分のゴールを彼にあげているみたいだね?)
「そんなことないよ。彼のことを悪く言うなよ。僕らはチーム内でいい関係を築けているんだから。」

arshavin.eu: Well .. Let's go back to the game.
At the end of the first half, when the score was 2 0, Arsenal is trying to put the ball out of the side. Arshavin makes two swift jerk. You are separated from the guardians, but the ball did not receive. There was a whistle for a break. Thirst for fighting?

AA.: I am in every game I try to play. By this episode? You know, I have not watched one second. Just like that we scored esche ... What have you new?


ええと・・・じゃあ、試合のことに戻ろうか。
前半の終了間際、2-0で勝っている時にアーセナルはキープに入ろうとしたけど、アルシャビンは2度もそれをかっさらって攻めようとしたね。チームメイトからは離れていたからボールは受け取ってもらえなかったけど。そこでハーフタイムの笛だ。ちょっとむかついたんじゃない?

「僕は毎試合懸命にプレイしてる。このことについて?僕が見てなかっただけだ。さらに点を取りに行こうとして・・・・だからそれが何?」

arshavin.eu: It was snowing in St. Petersburg today.
A.A.: Really? Congratulations, no snow here yet

今日サンクトペテスブルクに雪が降ったんだよ。
「ほんとに?おめでとう!こっちじゃまだだよ。」

※ロシア語訳で分からなかったので英文訳でやっと意味がわかりました。
って、雪が降ったことがおめでたいの?ロシアって?




最後のほうはインタビュアーがしどろもどろになっている感じが
否めません・・・(;´Д`)

アルシャビンが思いがけず機嫌を悪くしたので、
うろたえて適当なことを言ったらさらに墓穴を掘ったって感じなんでしょうか。。。
あくまで想像ですが。。。


でもまぁ、これでCLはほぼ突破確実~という感じのようなので、
アルシャビンが言うように、残りの2試合はローテーションで
ハードワークな方々(アルシャビンはもちろん、セスク、ペルシ、ギャラス隊長、ベルメーレンなど)を
ちょっと休ませてあげて欲しいですね(・∀・)つ目


あっ、でも、もちろん!全試合に勝つこと前提で!!


だぁって、あの、あのジーコの率いるオリンピアコスより


下の順位になることだけはぜっっっっったああああああいに
嫌ですからね!!!!!

お願いしますよ~(人∀・)
 
 

拍手

PR

カウンター

いつもご訪問ありがとうございます♪

Arsenal FC


Urawa Red Diamonds

ブログ内検索

お役立ちリンク

落ち込み禁止!

たとえボロ負けしても。
Copyright ©  -- 赤い君たちが好きだ。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ