忍者ブログ

赤い君たちが好きだ。

浦和レッズとアーセナルを中心としたサッカーまみれな日常のことを、思うままにまったりのんびり。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ハルシティ戦後のアルシャビンインタビュー。


( ´ー`)フゥー...

た~いへん遅くなり、今更感満載ではごさいますが、
ハル戦後のアルシャビンオフィシャルインタビューを
なんとか訳し終わりました(;´∀`)

この年末の押し迫った時期に連戦続きすぎぃ~○(#゚Д゚)=(  #)≡○)Д`)・∴'.


今回は、どたばたしてるうちに、英訳に追いつかれたので、
英訳も参考にしつつ訳していたのですが・・・・、

英訳してる人、試合見てないでしょΣ

と思うこと多々・・・ので、
結局はロシア語のGoogle翻訳にも頼らざるを得ないという・・・。


そんなわけで、今回は両方を参考にしたので、
さらに意訳になっておりますが、ご了承ください;;;

それではペタリ↓
(コピペ参考英文は、いつもどおりGoogle翻訳の英文で。)



http://arshavin.eu/news.php?id=492
(Google翻訳にて露→英訳)

arshavin.eu: Andrew, on the one hand, a major victory. On the other hand, it was unusual to see such an "Arsenal" in the "Emirates" in the first 15 minutes .. We have already learned that the houses do not give the Gunners breathe guests from the very first minutes of the match. Today opponent started the game aggressively.
AA.: I think that this opinion you have formed due to the fact that the debut of the match, we made a lot of unnecessary losses in the gears, and did so in simple situations. I think because of that rival, and owned for some time the ball more than we are, catching our peredchi, they moved forward. On the other hand, this was due to the fact that we wanted to score a quick goal, but we did not worked. "Hull" has staked out to catch our mistakes.
Thank God that in the first half we did not allow them to do so. Moreover, we were able to leave at the break leading into the account. Denilson played great free kick. This action Brazilian allowed us to look to the future of this match ...
The second time, in principle, continue in the same vein, we played to win.

arshavin.eu: アンドレイ、一方では大きな勝利だったけど、もう一方では、普段の「エミレーツ」での「アーセナル」らしからぬプレイが立ち上がり15分間見られたね。
ガナーズは立ち上がりからハルシティに息を呑むようなチャンスを与え続けた。今日の相手はかなり積極的に試合に入ったね。

「僕らは立ち上がりからパスがうまく回らなかったりして、簡単な状況ではなかったと思う。彼らのほうが(ボールの)ポゼッションを高く保っていて、パスをインターセプトしたり、前に駆け上がることが多かった。一方の僕らが、早く先制点を決めたいと前がかりになっていたせいだと思うし、実際うまくいかなかった。ハルは僕らのミスをチャンスにつなげようとしたね。前半に彼らに点を取られなかったことは、神のおかげだよ。さらにいえば、僕らはリードして前半を折り返すことが出来た。デニウソンは素晴らしいFKを決めてくれた。彼のおかげで、僕らはこのゲームに勝利の可能性を見出すことが出来た・・・。後半も僕らはその調子を保ち続けて、勝利を手にすることが出来た。」


arshavin.eu: What Arsene said during a break?
AA.: Of course, he adjusted to our game, made some changes.


arshavin.eu: ハーフタイムに監督は何か言ったの?
「もちろん。試合運びを修正するためのいくつかの変更点をね。」


arshavin.eu: Usually you do not like to evaluate the work of the arbitrators. And yet. Not a lot today if it was shown yellow cards?
AA.: In the first half passion zakipeli.Byla nervous situation, so the judge, distributing cards, calmed the players after the game ceased to be rough, no one tried to folit surreptitiously. No, but the episode with the appointment of a penalty kick in our doors, we do not have any claim to it.


arshavin.eu: いつも君は審判についていろいろ言うのを嫌がるけれど、ずいぶんたくさんイエローカードが出たことについてはどう思う?
「前半は荒れたね。結構深刻な状況になってきたから、審判はカードを出して選手たちを落ち着けたんだと思う。それで乱闘を終わらせたおかげで、それ以降誰もファウルにこそこそ文句を言う選手はいなかったね。ハルに与えたPKの判定以外は、特に彼に文句はないよ。」


arshavin.eu: At the gates of Arsenal was appointed a controversial penalty kick, which reflected Almunia.
AA.: Why is it such penalties to give the gate Arsenal. It's good that our keeper repelled this attack. We discussed this penalty. You know, we would be interesting to look at this appointment, if he had put a "point" to the gates of Chelsea or Manchester United "....


arshavin.eu: アーセナルが与えてしまったPKをアルムニアが止めたね。
「何であれでPKになったんだろう。アルムニアがはじき出してくれて本当によかった。あのPKについて話し合ったんだけど、たぶんあの審判は、チェルシーやユナイテッドに「この1点を」あげたかったんだろうね。」


arshavin.eu: Indeed, immediately after the game, a review of matches this episode of the British submarines have paid much attention ....
Tell me, when the score was 0-0, you served the penalty, then the ball hit the ball in the hand protector. In that episode, I had to put pen?
AA: Probably not.


arshavin.eu: 実際、試合直後からイギリスメディアはこのことをしきりに書きたてているしね。0-0のときに君のシュートが相手DFの手に当たったけれど、これもPKになるべきだったのでは?
「あれはたぶんならないだろうね。」

※なりにくいだろうけど、とってほしかった。


arshavin.eu: How do you think about what they say defeat Man United and Liverpool. In the English Premier League is the process of aligning teams?
AA.: In principle, this season is interesting. A number of teams that took place below the fourth ukrepelis, they represent from a real strength. These clubs are able to beat the leaders, to give them battle on a visit or at home. Well, the more interesting this championship and for the participants and for zriteley.Intriga preserved.


arshavin.eu: ユナイテッドとリバプールが負けたけれど、これについてどう思う?プレミアリーグはかなり激戦になってきたね。
「確かに今シーズンは面白いよ。多くのチームが4位以内に入ることを目指して強くなってきてるし、実力を発揮し始めている。そういったチームが強豪をホームやアウェーで負かそうと必死になっている。まぁ、そのおかげで今年のリーグ戦は観客やファンにとってとても面白いものになっていると思う。混戦は続くね。」

※特にどのチームも応援してなくて見ていたら面白いでしょうけどね・・・毎試合胃が痛いっす。゚(゚´Д`゚)゚。


arshavin.eu: Andrew, your pass to Diaby, after which he managed to score a goal, you have personally any association calls? Some reminded of the UEFA Cup final, when after your pasa Zenit scored the first goal against Rangers .
AA: Today I was easier to give this transfer.


arshavin.eu: アンドレイ、今日のディアビにパスをして彼のゴールをお膳立てしたの、何かを思い出さない?UEFAカップの決勝で、ゼニトがレンジャース相手に先制点をあげたのも君のパスからだったよね。
「今日はあのときよりも簡単にパスを出せたよ。」

※どうもこのインタビュアーはいつも、アルシャビンにゼニト時代のことを忘れてほしくない発言が多すぎる・・・。


arshavin.eu: In London's cold? Does your family feels the approach of Christmas and New Year?.
AA.: Two days ago in London, snow fell. However, such cold as at home here. "Center of the city long and beautifully decorated: garlands, lights, trees and snow does not allow us to forget about the coming New Year.


arshavin.eu: ロンドンは寒い?家族のクリスマスや新年の準備は進んでる?
「2日前に雪が降ったよ。でも地元にいるときほどは寒くない。街中は綺麗に飾り付けられていて、花飾りとか電飾とか、クリスマスツリーとか、雪なんか見てると、新しい年が来るんだなぁっていう実感がわいてくるよ。」




そして、今日のDailyMailの記事で、
久々のオフに家族での遊園地を満喫したアルシャビンファミリー
とっても素敵な写真が★

何でそんなに不機嫌なの(;・∀・)


アルテム君、どうした(;・∀・)


明らかに不機嫌だし、泣いてる?

寒いの?おなか痛いの?
それともマスコミのおじさんたちの中に怖い人でもいたの?

妹のヤナちゃんは普通に楽しげなのに、
アルテム君だけ明らかに泣いているのが気になります;;;

↓こちらも。
そんなにメリーゴーランドが怖いの?


明らかに嫌そうです;;;


ジュリアさん、おろしてあげてください(;´Д`)



・・・と、とにかく、ファミリーがのんびり休日を満喫できたようで
よかったです。。。

これで英気を養って、週末のヴィラ狩り、頼みますよ~(人∀・)

拍手

PR

カウンター

いつもご訪問ありがとうございます♪

Arsenal FC


Urawa Red Diamonds

ブログ内検索

お役立ちリンク

落ち込み禁止!

たとえボロ負けしても。
Copyright ©  -- 赤い君たちが好きだ。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ