忍者ブログ

赤い君たちが好きだ。

浦和レッズとアーセナルを中心としたサッカーまみれな日常のことを、思うままにまったりのんびり。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

石川直の熱い想い。


先ほど見ていたフジテレビの『すぽると』の特集で、
石川直のドキュメントをやっていたので見てました。


直のことは前にも書きましたけど、
私は今年こそJ得点王を獲ってくれると信じていました。

夏に一回怪我したときのこともやっていたけど、
その時はそこまでひどい怪我じゃなかったので、
直もすごく前向きな感じだった。

うるさいくらいの蝉時雨をバックに、

『俺のパフォーマンスに体がついてこれねぇだけだ。』

と明るく言い放った姿は、
なんだか見ていてとっても頼もしかった。


実際、その通り、いつもの直の怪我よりも早く戻ってきて、

「やっぱり今年の直は一味も二味も違うんだっ!」

と敵ながら思っていたものです。


今年の得点王は絶対直だと。


相方さんが応援しているジュビロの前田遼一もいい感じではあるけど、
やっぱり私はずっと応援してきた直に獲って欲しかったな。


怪我をした柏戦。
怪我をした瞬間の映像ははじめて見たけど、
あまりにもつらくてみていられない感じだった。゚(゚´Д`゚)゚。

直もあまりの痛さにピッチを叩きながら痛みに耐えていた。

勝っていた試合でも慢心せずに果敢に点を取りに行き、
直の放ったシュートは見事にゴールに吸い込まれていた。

でも、そこには痛みとともに転がる直が。

顔に絶望感が浮かんでいた。
もうだめだって感じだったので、
あまりにもつらくて直視できませんでした。・゚・(ノД`)・゚・。


ナビスコの決勝、スタンドから見ることしか出来なかった、
ピッチに立つことが出来なかった直の切ない表情が忘れられないです。。。


でも直は、あの怪我をした柏戦のことを、

『この怪我をするということを分かっていて

あのピッチに立っていたとしても、

きっと同じパフォーマンスをしたと思う。

そうでなきゃ俺じゃない。それが俺だから。』


とすごくいい顔で言っていた。


うん。いいな。

こういう熱いところが好きなんだな。


また今年もリハビリの日々でつらいだろうけど、
来年こそ、本当に得点王を獲れるように、
今年以上に怖い石川直宏になって戻ってきてくれることを願って、
直の復活を待ってます。


最後に、直のオフィシャルブログの最新記事から、感動した一説を。
(10/31ナビスコ決勝を控えての日記)

みんなが言ってくれている「怪我をしている選手やでたくても出られない選手のためにも」という言葉。

俺らにしてみたら本当にありがたい言葉だし、そんな思いがチームを1つにしてくれればって思うけど、実際にピッチに立つ人間にしか分からないプレッシャーや想いがあると思う。

そんな中で「俺の分まで」なんて気持ちを簡単に伝えることはできない。

ピッチでは自分と戦い相手と戦うわけだから。

だから俺ら試合に出られない選手をはじめ、スタッフ、チーム、サポーターが一緒になって戦うこと。

試合が始まれば気持ちを託すことしかできないけど、同じ想いで戦うことはできると思う。

その中で1つとなることであの雰囲気が生まれ結果を勝ち取り最高な瞬間を迎えることができるんじゃないかな。


改めて直の人間としての心の大きさに感動しました・・・・。・゚・(ノД`)・゚・。

本当にこんな素晴らしい選手が怪我に泣き続けるのが、
とっても悲しいことだけど;;;

きっとこの怪我も、いつか直にとってプラスになることを祈ってます。。。

拍手

PR

カウンター

いつもご訪問ありがとうございます♪

Arsenal FC


Urawa Red Diamonds

ブログ内検索

お役立ちリンク

落ち込み禁止!

たとえボロ負けしても。
Copyright ©  -- 赤い君たちが好きだ。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ